〈貸株金利〉2023年7月分まとめ

配当金

2023年7月に各証券会社から受領した貸株金利のまとめです。

貸株とは

証券会社各社が提供するいわゆる貸株サービスとは、投資家が、保有している株券等を証券会社に貸し出すことで、証券会社からこれに見合う貸株金利を受け取ることができるサービスです。

出典:日本取引所グループ

貸株受取金利〈日本株〉

おー
おー

7月の受取金利は236円でした。

貸株受取金利〈外国株(ETF)〉

おー
おー

7月の受取金利は0.07ドルでした。

1ドル≒142.07円なので、約10円です。

まとめ

貸株金利は、保有している株式等から金利を得ることができるメリットがあるものの、分別管理義務がないため、証券会社や信託銀行、運用会社等が破綻した場合、貸株中の株券等が返却されないおそれがあります。また、権利落ち基準日をまたいで貸株した場合、議決権や株主優待等の権利を失うおそれがあり、配当がある場合、配当金相当額が支払われることが一般的ですが、配当金相当額は税務上、雑所得扱いとなり、他の所得と合算のうえ総合課税の対象となるため注意が必要です。

問い合わせフォーム

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました